変形性膝関節症(膝痛)

変形性ひざ関節症は初期のものであればよくなります。河内長野こにし整体院にお任せください。

変形性膝関節症

変形性膝関節症は初期のものであれば原因となる筋肉と関節へのオステオパシー整体による調整とリハビリ・運動指導で進行の予防が可能です。また、手術が必要だと言われていた見た目的にも進行しているように見える変形性膝関節症でも周辺の各関節(股関節・足首など)と筋肉の強化・治療で手術をま逃れている方も多数いらっしゃいます。
患者さまの中には変形性膝関節症の名医と言われる医師に手術をしてもらったが、その後数年で痛みがぶり返してしまい、河内長野こにし整体院に助けを求めて来られて「手術はオステオパシー整体による調整とリハビリ・運動指導の後の方がよかった」とおっしゃる方もいらっしゃるため、もし手術を検討されているのでれば当院にご相談下さい。


ご存知ですか?
膝が変形する理由は膝以外のところにあることを

  • 膝が痛い
  • 階段の上り下りが大変
  • ひざの屈伸運動の時に痛みが出てくる
  • 歩く時に膝が横ブレを起こしている
  • 正座が出来ない
  • 膝に水が溜まり始めた
  • 最近、毎日痛み止めを飲んでいる
  • 寝たきりになりそうで不安だ

高齢者に限らず、若い人の中にも膝の痛みと変形をもつ方が増えています。
これは生活様式の変化にともない、ある関節を使わなくても済むようになってきているからです。

変形性膝関節症の症状

主な症状は「痛み」「腫れ」「動きづらくなる」です。

痛み
「変形性ひざ関節症」の主な症状は、ひざを動かしたときに生じるひざの痛みです。
「立ち上がる時」「歩き始める時」「階段の上り下り」など、ひざに体重がかかるときに痛む症状があるものの、じっとしていると痛みが軽くなり生活に支障がない状態から始まり。次第に、病態が進行していくと安静時でも痛みがとれないようになってしまいます。

腫れ
関節の炎症による腫れが起こり、ひざのお皿の周辺に水がたまります。
炎症による腫れと痛みによって膝が熱を持って動かしにくくなることがあります。

動かしづらい
膝の曲げ伸ばしがし辛くなって正座やしゃがみ込むなど膝を曲げる動作や、膝・足腰を伸ばして真っ直ぐに立つことがツラくなり始めます。
変形が進むと歩き始めや足を直治したときに膝の動揺(横にブレ)がともなうようになり次第にまっすぐ歩けなくなります。

変形性膝関節症をそのままにしてくと?

動作時の痛みはあるものの安静にすれば痛みが無くなるので放置されがちですが、安静にすることで次第に足の筋力が落ちて膝関節を保護する能力が落ちてくるため、痛みがあらわれる頻度が多くなり、何もしていない時にも膝が痛むようになります。
何もしていない安静時にまで痛みがあらわれる用になると変形も進んでいるため治療にも回数がかかるようになり、最悪の場合は外科手術の対象になりかねないため不調に気付いたのならば早めの対処をオススメします。

変形性膝関節症の治療

膝関節の痛みの直接的な原因となる

  • 大腿脛骨関節
  • 膝蓋大腿関節
  • 近位脛腓関節

の動きの改善と

膝関節変形を作り出す原因となる

  • 股関節
  • 足関節(足首)
  • 背骨・骨盤

の動きの改善を平行しておこなうことにより今お悩みの膝の痛みの改善と再発予防を兼ねた全身の調整をおこないます。

その他、生活様式の変化にともない使わなくなった股関節や足関節を再教育する必要があるため、適宜運動指導も行ってまいります。

関連記事

  1. スポーツ障害

  2. 変形性ひざ関節症でお困りの方は河内長野こにし整体院にお任せください。

    喜びの声(ひざ痛改善編:変形性膝関節症、膝痛、変形性関節症,…

  3. 膝の痛みがある時は河内長野こにし整体院にご相談ください。

    膝痛(変形性膝関節症, 膝窩筋腱炎)

  4. シンスプリント:すねの内側、外側に痛み。湿布やサポーター、テーピングで走りながら治すつもりでいるといつの間にか歩く事も困難になり、疲労骨折にまで及んでいたというケースもあるため早めに河内長野こにし整体院にご相談下さい。

    シンスプリント(すねの痛み:過労性脛骨骨膜炎、過労性脛部痛、…

  5. 膝の皿(膝蓋骨)の痛みがあり、過去に膝蓋骨脱臼(膝の皿がズレる・ハズレる)、膝蓋骨高位症(お皿の位置が上がっている)があるために膝の皿(膝蓋骨)が不安定なために起こる膝蓋大腿関節障害。 膝の皿(膝蓋骨)と大腿骨がうまく滑らず摩擦で削りあっているため、ほっておくと軟骨の摩耗(すり減り)が増していき場合によっては手術が必要になることもあるため早めの対処が肝心です。

    膝のお皿が痛い膝蓋大腿関節障害

  6. 足(脚)が痛いとひと言に言っても、ふくらはぎ・太もも・足の甲など場所により原因は違います。片側の腰から足にかけての痛みやシビレ、歩くと足が痛い、歩きにくい(歩けない)場合は腰椎(腰の神経)の問題も原因となるためしっかりとした検査が必要となります。河内長野こにし整体院にお任せください。

    下肢・下腿痛(足・脚・ふくらはぎの痛み)

PAGE TOP