アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎(アキレス腱、カカトの痛み、スポーツ障害)

踵(カカト)・アキレス腱の痛みでお困りの方は河内長野こにし整体院にお任せください。

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎

アキレス腱周囲炎で歩けないほど痛みが強く、
ストレッチ→サポーター→テーピング→湿布→痛み止め薬→注射→…と長引く痛みに彷徨い続けているのに悪化し続けているあなた。

今の対処方法で本当に大丈夫ですか?

医師・プロゴルファー推薦の河内長野こにし整体院では整形外科や病院では手術なしでは(手術しても)治らないと言われたスポーツ障害も整体・鍼灸での関節・筋肉・神経への各種アプローチで徹底改善いたします。
アキレス腱炎を走りながら治すつもりで湿布やテーピング・サポーターで何とかごまかしているうちに慢性化して痛みが治まらず、整形外科や病院では手術なしでは(手術しても)治らないと言われたのなら、その手術ちょっと待ってください。

  • カカトが痛い
  • 寝起きの歩きだし一歩目が激痛だ
  • アキレス腱に障ると腫れていて痛い
  • 病院ではストレッチを始動されたが痛くて無理
  • 何もしていない時にまでアキレス腱が痛み始めた
  • 足首を動かすとギギッとキシむような音がして痛い

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎のちがい

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎ともに使いすぎによるオーバーユース症候群です。

走る・飛ぶなどによる繰り返しのストレスにより生じたアキレス腱の小さな部分断裂が、 うまく修復できていないまま腱が変性している状態がアキレス腱炎です。

アキレス腱をおおうパラテノンという薄い膜に炎症を生じた状態がアキレス腱周囲炎です。
両者は同時に発症していることも多いため、厳密に区別することは難しいです。

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎の症状

アキレス腱が踵(かかと)に付着部している部分の周辺に腫れをともなう圧痛があり、運動時の痛みから始まり起床時の歩き始めの痛み、症状が進行すれば安静にしていても痛いことがあります。

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎になる原因

腱の変性と使いすぎが原因のベースにあるため加齢変化と運動量に関わりが強く、中年以上の市民ランナーやウォーキングをしている人に多く発症します。
その他、靴の不適合や 扁平足、自己流による不適切なトレーニング方法が原因していることもあります。

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎を治療しないまま放置すると?

腱の修復不良と炎症によってアキレス腱が固まってしまい、足首の動きが悪くなり、足首の動きをカバーするために膝や腰に負担がかかるようになってしまいアキレス腱の痛みだけにとどまらず、膝や腰の痛みや関節の変形に発展してしまいます。

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎の治療

ふくらはぎの柔軟性、足関節の可動性など直接的にアキレス腱の負担に関わりがある所から徹底的に治療をおこないます。その後、全体のバランス調整をおこない足関節・ふくらはぎが働きやすい本来のお身体の状態を取り戻します。
アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎の治療は下腿・ふくらはぎの深層にある筋肉の柔軟性の回復が改善の鍵になります。手では届きにくい深層にある筋肉の治療には鍼治療が最適ですので合わせて鍼灸治療をお受けいただくことをオススメいたします。

関連記事

  1. ぎっくり腰(急性腰痛)

  2. 足(脚)が痛いとひと言に言っても、ふくらはぎ・太もも・足の甲など場所により原因は違います。片側の腰から足にかけての痛みやシビレ、歩くと足が痛い、歩きにくい(歩けない)場合は腰椎(腰の神経)の問題も原因となるためしっかりとした検査が必要となります。河内長野こにし整体院にお任せください。

    下肢・下腿痛(足・脚・ふくらはぎの痛み)

  3. シンスプリント:すねの内側、外側に痛み。湿布やサポーター、テーピングで走りながら治すつもりでいるといつの間にか歩く事も困難になり、疲労骨折にまで及んでいたというケースもあるため早めに河内長野こにし整体院にご相談下さい。

    シンスプリント(すねの痛み:過労性脛骨骨膜炎、過労性脛部痛、…

  4. 膝の痛み、膝窩筋腱炎でお悩みの方は河内長野こにし整体院にお任せください。

    膝窩筋腱炎( 膝痛,スポーツ障害)

  5. スポーツ障害

  6. 坐骨神経痛

PAGE TOP