肩こり・首こりの原因『ヘルニア』|河内長野市クチコミ1位 大阪狭山市・堺市からも続々来院中!|大阪府河内長野市の整体鍼灸・「河内長野こにし整体院」では、カイロプラクティックやオステオパシーなどの筋・筋膜、関節痛に特化した施術を行っております。⑨

肩こり・首こり・ストレートネックの原因②骨・関節性(頸椎症④)

頸椎症の種類②『椎間板ヘルニア』

椎間板ヘルニアの場合

神経根は再生能力のある末梢神経です。
一方、脊髄は脳と同じ中枢神経です。

中枢神経は再生しないため、脊髄を首のレベルで損傷すると四肢マヒが起こり、車いすの生活になってしまいます。
その意味では、脊髄が圧迫される危険なシグナルに、気をつけなければなりません。

手術の判断を急がなければな椎間板ヘルニア

椎間板がある時突然破たんし、中の髄核が脊髄側に飛び出してくるタイプの場合、首が痛いなと思っているうちに急に手足が動かなくなったり、手にしびれが出たりするケースが多いです。

このタイプの椎間板ヘルニアは30~40代の比較的若い人にみられます。
脊髄が圧迫される危険な状況の1つがこのタイプです。
中枢神経である脊髄が圧迫されている場合、圧迫の期間が長いほど手術をしても回復が悪いため、できるだけ早めに専門医のもとで検査を行い、手術の判断を急がなければなりません。※検査・手術は脊髄を専門に扱う医師に依頼しましょう。

スグに手術を行わない椎間板ヘルニア

一方、椎間板ヘルニアでも、神経根を圧迫している場合は対応が異なります。
飛び出す場所が前だったり、横に出て神経根に触れたりしても、問題はありません。

斜め後ろに飛び出して末梢神経である神経根を圧迫し、腕のしびれや痛みといった症状が現れていても、基本的には脊髄が圧迫されていなければ保存療法でしばらく様子を見て、スグに手術を行わない方がいいことが多いです。

ヘルニアの治療は時間が必要です。
椎間板の中はゼラチン状のものなので、正しい施術を受けていてもヘルニアの多くは椎間板から飛び出したゼラチン状のもの自然吸収されるまで症状は残ります。

なお、ヘルニアが起こりやすい場所は他の椎間板と比べて既に脆弱な状態にあるため、一時的に痛みやシビレが引いてもしばらくは椎間板に負担がかからないように施術とトレーニングを続ける必要があります。

当院にお越しの患者様は平均的に3ヵ月から半年で症状は改善しています。
この間、痛みが強い1~2か月のみ、病院から処方された痛み止めを併用して、2~3か月目の時点では痛み止めの服用を必要としなくなる方が多いです。


肩こり・首こり関連記事

関連記事

  1. 頚椎捻挫は仕事や日常生活で偏った動作を繰り返すことにより頚椎(くび)に負担をかけたことが原因で首の周りの筋肉が異常な緊張を起こし、首自体が痛んだり頭痛や手のしびれが起きたりするため寝違えやヘルニアなどの間違った診断をされてしまいなかなか良くならない遠悩みの方が多い疾患です。

    頸椎捻挫(ギックリ首)

  2. 産前・産後の腰痛・肩こりは骨盤(仙腸関節)の動き過ぎが原因です。仙腸関節の安定させる施術は河内長野こにし整体院にお任せください。

    産前・産後整体(マタニティーケア: ギックリ腰, 股関節痛,…

  3. 頭痛(緊張型頭痛)でマッサージやストレッチ、ツボ押しで少しは楽になるけれどスッキリしない。ロキソニンなどの処方薬や漢方が効かない時は河内長野こにし整体院にご相談下さい。

    頭痛(緊張型頭痛)

  4. 肩こり

  5. 肩こり・首こり原因は筋膜‼|河内長野市クチコミ1位 大阪狭山…

  6. メンタル・クビ・肩の問題は河内長野こにし整体院にお任せください。

    メンタルと首・肩・自律神経

PAGE TOP